金魚は川に放つと何代かでフナに戻ると聞きます。
金魚は自身が生きるのに最適でないその体で何を感じているのか。
当の金魚は人間の遊びにつき合わされている訳ですが、案外そのゆとりある体を楽しんでいるのかも、とも思うのです。