どんな夜中でもトラックは走っている。血液のように日本中を回り、人々の生活をうるおす。